オンラインカジノ本音日記(ブログ)

新任のごあいさつ

この度、オンラインカジノフリータイム二代目管理人に就任しました「てげ」です。
オンラインカジノ歴はまだまだ浅い若輩者のわたくしですが、オンラインカジノの楽しさに魅せられオンラインカジノフリータイムと初代管理人「kens」に出会い、この度このサイトを任せていただける事になりました。
パチンコ屋なら開店から閉店まで、オンラインカジノも丸一日打っていられる程のギャンブル好きなわたくしですが、勝ち負けの金額よりも純粋に賭ける事が好きです。

わたくしの持論は「賭ける物の大小に関わらず常に真剣に」です。
賭けている物が小さいと手を抜く人がいますが、わたしはあまり好きではありません。
お互いに真剣にやるからこそギャンブルは楽しいのだと思います。お互いに真剣ならばババ抜きだろうがお菓子を賭けていようが興奮しますし勝てば嬉しいです。
賭ける物によって手を抜く人は大勝負する時にも必ず隙が生まれます。

ギャンブルに勝つのは非常に困難です。どんなに勝率の高いものでも負ける時は負けますし、99勝1敗でも負ける事はあります。
それは運よりも大事な「メンタル」が負けた時に他なりません。
大負けする時は確実にいつもと違う立ち回りをしているはずです。
勝てると思ってたはずのものに負けたせいで悔しくて乱暴な賭け方をする。
順調に勝っていたはずなのに、ズルズルとやられても席を立てなくて結局スッカラカンになる。
誰しも経験があると思います。
ギャンブルに勝つという事は、自分に勝つ事だと思っています。
負けは負けと割り切ってスッと席を立つのもその日は負けでも明日の勝ちに繋がります。
なので、わたくしは派手な勝負よりも勝てる立ち回りを目指していきたいと思います。

そしていつかは偉大なジャックポッター「kens」の後に続き、オンラインカジノフリータイム第10号ジャックポットを出したいと思います!


今後はわたくし「てげ」が、今まで同様のサポートや皆様のお問い合わせに対応させていただきますので、これからもオンラインカジノフリータイムをよろしくお願いします。
相互リンクや各種お問い合わせは「casino.freetime☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)」までご連絡下さい。
ブログや日記へのコメント、画像投稿も随時受け付けております。

それではオンラインカジノフリータイムと共に皆様に興奮と感動を!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント(0)|2017年10月23日

当サイトご覧の皆様へ

いつも当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

読者様に残念なことをお伝えしなくてはなりませんが、
私こと管理人のkensはオンラインカジノフリータイムを卒業します。

過去(2009年)にありましたが、今回もサイトを閉鎖するつもりで考えてましたが、
業界関係者や海外の友人にこのことを伝えたところ、当サイトの意思を引き継ぎたい方がいて、
非常に意欲的で情熱的でしたので、私は彼に当サイトのすべてを譲り、任せようと思いました。

今後、私はノータッチとなりますが、「てげ」がオンラインカジノフリータイムを
盛り上げてくれますので、この先も変わらずご愛読いただければ幸いです。

お問合せについて

当サイトでご登録いただいたプレイヤー様のサポートやトラブル解決のお手伝い等は
「てげ」がやってくれますので、お困りの点がありましたらお気軽に連絡してください。

相互リンクや各種問い合わせのメールアドレスは今まで通り、
casino.freetime☆gmail.com (☆を@に変えてください)」で変更ありません。

ブログや日記へのコメント、画像投稿も随時受け付けていますので、引き続き宜しくお願いします。

kensの今後の活動

第10号のジャックポットが狩れず、読者様へ報告できなかったのが残念で責任を感じますが、
この先も私自身としてはプレイは続けるつもりです。

今後はこれまで培ってきた経験をもとに、読者様へのきめ細かいサポートと
分かりやすい新たな紹介サイトを厄が去り始める翌年から作ろうと思ってます。
そこで読者様に嬉しい勝利をお伝えすることができればこの上ない幸せです。

第二の活躍場として、kensの名でまずはツイッターやYouTubeに出没しますので、
いつも応援してくださっている皆様、これからも温かく見守っていただけたら幸いです。

ジャックポットの当選を皮切りに当オンラインカジノフリータイムを立ち上げ、
現在に至るまでプレイによる喜怒哀楽の日々、趣味も加え退屈ない生活の思い出以外に、
読者さんや企業側の交流と、五感がすべて踊る十年間でした。

皆さま長い間本当にありがとうございました。

コメント(0)|2017年10月 5日

愛と涙と感動のコンクリート物語

今年は"大厄"ということで普段溜まらないようなストレスや課題、右下がりの金運に見舞われ、一生懸命プレイしても納得いかない結果で勝利のスクリーンショットや動画が残せない状況ですが、人生の一番の節目として減量したり、人のために尽くしてお手伝いしたりと気運高めに精進中です。

前回の日記でも書きましたが、土間のコンクリート打ちにトライしていて、大方片付きました。
剥がしたコンクリの下に割れ瓦がいっぱいくっついていて(昔の瓦転圧式)、分離させるのが大変...。

作業はだいぶん慣れてきて、仕上げもノロ(セメント層)を浮かせて表面が綺麗になりました。
金コテ仕上げのタイミングも分かるようになり、コテ痕が気になって表面が乾く前から何度もこすってドツボにはまっていた無知の時期とはほぼサヨナラです。

ただ、用意してくれた土・砂利配合済みのドライコンクリートの何袋かに砂利が何らかの問題で多く入っていて、練ってる時に多少違和感を感じましたが、打設後の慣らしでもいつも通りの感覚でしたのでそのまま仕上げました。 しかし、表面が乾く頃に不幸が起きました。

コテ仕上げすればするほど中から砂利粒がボコボコ出てくるのです...。
表面が綺麗なところからトロセメントを誘導して埋めても、コテで気泡や凹凸を潰すために全体重かけて押しても、薄めた木工ボンドのようなコンクリ接着剤で慣らして伝々も回避不能でした。

しかも、気温は30度オーバーで乾きがすこぶる早く、絶体絶命だといえます。

最終手段として袋入りのセメントを解いて塗りましたが、色が違うわ、塗り痕が目立つわと、もはや為す術なしと察知した瞬間に頭にきてコテを失敗作に向けて何度もパンパンと叩きまくりました。


絶対ふざけとるわ〜


あまりにも強烈にしばくため、塗り重ねしたセメント汁が周りの壁はおろか、自分の体に飛び散る始末でした。 殺人で血しぶきが飛んだような「かまいたちの夜」っぽい光景でした。

周りのみんなも仰天するほどでしたが、慰められ、もう一度やり直すということで今日コンクリを流した所をハンマーで破壊して最初の状態に戻しました。 転圧した石に破壊したときのカスが入り込み掃除が綺麗にできませんでしたが、それが固まって土台が締まりましたのでヨシとしたいところです。

破壊したコンクリ殻は土のう袋に入れ産業廃棄場へ持っていき処分しました。
様々な注意点を考慮に、後日無事にコンクリ打ちは綺麗に仕上げることができました。 やれやれ〜

環境や材料比率、養生、仕上げなどコンクリートは生き物と感じた日々でした。

愛を込めて丹精に芸術作品のように美しく仕上がったときはみんなからプロみたいと褒められ、失敗したときは泣きと悔しさと怒りとコンクリ打ちは様々なドラマを生んでくれますね。

またどこかからお誘いがあればたまにはやってみたいDIYです。 重労働ですが...。

オンラインカジノの方は相変わらずジャックポット狩りに浸ってます。

「シネラマ」は賭け金が少ない分、数十ドルの当たりにドヤ心してしまいます。
金銭感覚が低減されるため、他のスロットで3ドル賭けしてビビってしまう状況です。 (笑)
当選額は現在9万ドルを突破していて、落とし甲斐があるマシンです。

一方、「ウォールSTフィーバー」は以下のような払い出しゼロのワイルドの揃いっぷりに髪が白くなりますが、たまに中堅の当たりで残高がぐわっと上昇しますので、打ってていい汗かきます。

マイホームが買えるくらい金額が上がってきてますので、まだまだトライの旅は続きます。

本機は粘着対策か、ワイルドジャングルとインペリアルカジノ系には撤去となり遊べないのが残念ですが、理論上のペイアウト率は97%(ゲームのヘルプで確認)と胴元側が困ることはないので、再度入れて欲しいものです。 何をビビって台を外しているのかアホ運営者の頭の中は不可思議ですね。

とりあえず、ボーナスが多くもらえるところで大厄脱出といきたいものです。

コメント(2)|2017年7月22日

ジャックポットリーチを目指して

趣味であるボウリングを6年ぶりに再開したり、友人宅のDIYでコンクリート打ちを手伝ったりとオンラインカジノ以外に体を動かすことが多くなり、メタボ予備軍の重い体重が下がり始めました。

顔と首がくっつきそうな肥満から20代の体系に戻りつつあります。
じっくりと時間をかけてダイエットを無事成功させたいです。 (ピーク時99.7kg、現在86.8kg)

肝心のジャックポット狙いもかなりゲーム数を消化していますが、
日常茶飯事な当たりしか拝めず、狩りは疲労との闘いですが、めげずに回してます。

「ウォールSTフィーバー」の息抜きにトライしているのが「シネラマ」です。

二つのボーナスゲームにウザい度200%が本機の特徴ですが、
低ベットで長く楽しめて、当選金額も期待できるためオススメです。

ただ、ボーナスゲーム消化にクリック連打ソフトの使用を推奨します。
コービーを飲む動作中やタバコの吸引中によく突入するため、油断ならないマシンですね。

別名 "死ねザマ" と呼んでるだけのことはあります。
三時間くらいで吐き気が出るほど精神的に疲れます。 むろん、多面打ちは不向きです。

ちなみにペイアウト率は96.94%と若干低めですが、
今までのところ大きな負債はなく、低く感じない印象でした。

「ウォールSTフィーバー」のほうが理論上甘いのが納得いかないプレイ状況です。

とりあえず見せ場として、「シネラマ」でワイルド(カメラ図柄)を4つを出したいです。
以前、読者様から頂いた投稿画像にその当たりがあります。 ⇒ 画像を見る

どうやらワイルドはライン上ではなくスキャッターのように出現個数で配当が決まるようです。
3つでもこれまでに数回しか拝んでないだけにかなり分母が低いと思われます。

いつか粘着の結果を出して読者様に嬉しい報告ができれば言うことなしです。
その他のジャックポットゲーム も旬を見計らってチャレンジしていきたいです。

コメント(2)|2017年5月29日

各時代を制した者同志がタッグを組んだ!

ベラジョンカジノはスマホ化オンラインカジノの見本的な存在で、生誕5年目の現在でも他のライバル店に負けることなくプレイヤー数を右上がりに増やし続けています。

そんな中、ベラジョンカジノはオンラインカジノ創世記から「最高のオンラインカジノ」と称された老舗のインターカジノを買収し、傘下に収めました。 最近、プロモーションメールの内容がベラジョンに似てきたと感じてる方も多かったと思います。 両店は同系列として新しい時代を歩んでいます。

ゲームのラインナップはほぼクリソツですが、ボーナスイベントの内容がそれぞれの特徴や味を主張している関係で違うため、完コピーよりかは立ち回りの幅が広くなっています。

様々なプレイスタイルに応じた対応が可能なため、ベラジョンとインターはセットで遊ぶことをお勧めします。 フリースピンや新作の無料お試しクレジットに始まりボーナスオファーなど双方のいいところが互いに採用されていますので、おいしさ二重取りの状態になるのは間違いありません。

【 新規特典もダブルでGETしよう! 】

最大500ドルの100%ボーナスがお待ちかね!
ベラジョンカジノ 無料体験>>
解説ページ&登録・初回特典>>

大勝ちが当たり前で勝利画像がいっぱい撮れた!
インターカジノ 無料体験>>
解説ページ&初回特典>>


コメント(0)|2017年2月23日

過去の日記 (今までの実践録や体験談、日常生活、カジノの歴史、攻略情報などを掲載)

このページの先頭へ

種まき特典を活用してガッポリ稼ごう!
ベラジョンカジノ

現ナマ勝負で激爆の一撃を体感しよう!

  • 初めての方にウハウハな最大500ドルの残高加算特典!
  • レベル上げが楽しい、賭けに使えるポイントサービス!
  • クレカやビットコインなど様々な入金・引き出し方法完備!

解説ページへ ウェブサイトへ

今なら、無料で 3,300円(30ドル)のスロット初打ち資金がもらえます!
受け取り方法はコチラ>>